<< ウィル=キムリッカ『現代政治理論』8 | main | 次 >>

スポンサーサイト

  • 2007.06.12 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ウィル=キムリッカ『現代政治理論』9

第7章 フェミニズム

第一節 性的平等と差別
・差異アプローチ
 ←「ジェンダー中立」の嘘
・支配アプローチ
 権力の問題
 自律
 リベラルの差異アプローチの支持=原理の誤用 自己利益

第二節 公的なものと私的なもの
・家事労働の不平等な分配と家庭と職場の間の責任関係
 家庭という領域
 家事労働の評価
・「リベラリズムの伝統的構想」
 ロック:政治的なものと社会的なものののく分
 ロマン主義:社会的なものと個人的なもの
A 国家と市民社会
・コンスタン:古代的自由と近代的自由
→私的自由の評価:マルクスの批判→ローゼンブラム 「社会」
 政治の手段化=リベラリズムの勝利
・家族≠私的領域 社会制度
・国家と社会との関係についての見解を受け入れている理論
 自然と文化の二元論←生と公 特殊な利害やニーズを守るための公権力
 リベラリズムとのズレ
  ・自己調整
  ・真理
B 個人的なものと社会的なものープライバシーの権利
・親密なものの出現
 市民社会を公的領域に含める
 →私的空間内部のプライバシー
・家庭への介入の問題
 家族=自然の観念

第三節 ケアの論理
・感情と理性 個別と普遍
 →評価二分
A 道徳的能力
・正義の原理と道徳的感受性 家庭?
B 道徳的推論
・原理と個別事例
C 道徳的観念
1.普遍性対関係の保持
・普遍性vs.既存の人間関係のネットワーク
2.人間性の尊重と個性の尊重
・乗り越えられる
 ・ケアの倫理の普遍化
 ・無知のヴェールの誤解
3.責任の受容と権利の主張
・権利と責任
・主観と客観
→むしろ正義の倫理の中核に責任の問題
 ・ジェンダー
 ・他者への過大な責任
 ・あらかじめ抽象的規則必要
 ・自律
・正義論=大人の関係、ケア=子供に対する関係?

スポンサーサイト

  • 2007.06.12 Tuesday
  • -
  • 13:50
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM